ホスラブへの誹謗中傷書き込みに対する裁判所の仮処分を行うには

ホスラブへの誹謗中傷書き込みに対する裁判所の仮処分を行うには はコメントを受け付けていません。

ホスラブ掲示板の誹謗中傷削除と書き込み犯人特定の難しさ

ホスト

ホストラブ(ホスラブ)とは?

ホストラブ(通称ホスラブ)とは、数ある匿名のインターネット掲示板の1つです。他にも2ちゃんねる、爆サイが有名です。ホスラブの特徴は、2001年にサービスが公開され、その名の通りホストクラブの情報掲示板サイトとして知られましたが、ホステス、キャバクラ嬢、風俗嬢、お店のオーナーに関する情報まで、あらゆる水商売の情報サイト、コミュニティー掲示板として利用されています。

ホストラブの誹謗中傷書き込み

ホストラブへの誹謗中傷の書き込み削除は、削除依頼ボタンを押して申請しても管理人の対応が遅く、あるいは放置されるため非常に難しくなっています。

また、同様に書き込みした人の特定が非常に難しいため、名誉棄損などで訴えようとしてもなかなか難しいものです。一般的な誹謗中傷や嫌がらせなどで有れば相手に対して名誉棄損などで訴え、相手にその行為を止めさせることが可能なのですが、インターネットの掲示板などの場合には匿名や成りすましなどで書き込まれることが多いため、なかなか相手が特定できず、告訴する対象が特定できないことからそのまま裁判所などに訴えてもとりあってもらえないことが多いのです。

しかし最近ではこのインターネットの匿名性を問題視し、様々な法整備も進んでいます。相手の名誉を傷つけたり、相手に損害を与える恐れのある書き込みについてはその掲示板を運営するプロバイダーや運営管理者がその責任のもとでその書き込みを削除することが出来るようになっています。

よって、管理人への任意交渉が難しくても、プロバイダ責任制限法に基づき、裁判所へ削除、開示の仮処分をとることが可能になりました。

事件性があるものについては捜査機関などの要請により書き込み者を特定するための通信記録などの情報を開示することが義務付けられており、インターネット上に於ける法整備は整備されつつあります。しかし、ホスラブなどに於ける誹謗中傷や嫌がらせなどの書き込みは事件性が無いことも多い事や、個人対個人の嫌がらせの様なレベルの物も多いため、なかなか捜査機関が動いて法律が適用されるといったことは難しいのが現実です。その為、多くの場合には泣き寝入りをしてしまう人も多いのが実態です。

ホスラブ誹謗中傷削除と犯人特定なら弁護士

裁判所の看板

ホスラブに於ける誹謗中傷や嫌がらせの書き込みを止めさせたり、或いは削除を行うためには、第一に相手を特定した上でその相手に対して書き込み削除や掲示板の利用停止などの仮処分を裁判所から発行してもらう必要があります。最近ではホスラブ上で名誉棄損の問題が増えていることから多くの弁護士が積極的に対応しています。

ホスラブ削除依頼と書き込み特定弁護士
(参照元:ネット誹謗中傷弁護士相談Cafe 2016年12月時点 著者調べ)

弁護士は誹謗中傷や嫌がらせなどの事実を確認したら、裁判所による削除の仮処分や、その仮処分命令を内容証明などで掲示板の管理者に対し削除依頼を申請するとともに、内容が悪質な場合にはプロバイダ責任法と言われる法律に基づき裁判所に損害賠償の提訴を行います。

裁判所では対象の掲示板の管理者に対し書き込みした人を特定するための情報開示を求め、相手が特定できた段階でその影響度や内容に応じて相応の仮処分を発行する形となります。最近では書き込みの内容によっては脅迫や偽計業務妨害といった刑事事件に発展する可能性も少なからずあり、非常に効果の高い物となっています。

ホスラブは、裁判所の命令には基本従うようですので、誹謗中傷が永遠と放置されるという問題はなさそうです。自分で削除依頼をだしたけど対応されない場合は、ホスラブ削除や特定に強い弁護士相談するのが解決の糸口になりそうです。

ホスラブへの書き込みで迷惑を被っている場合には、まずは弁護士などに相談することが大切です。誹謗中傷のセキュリティーを守るうえでも、弁護士相談が重要になりつつあるのです。